MENTAT(メンタット)とは

電子カルテの新しい活用方法を具現化した精神科特化のデータ分析ソリューション

『MENTAT』

MENTATは電子カルテのデータを解析し、医療現場や病院経営に役立つ情報をご提供するサービスです。
数値化しにくい症状や病歴などが含まれる膨大な記述(テキストデータ)を自動的に統合・分析してデータベース化することで、患者さんの医療データを有効に活用し、より良い医療を提供できるよう支援していきたいと考えています。
例えば、これまでと同じ電子カルテ入力で、以下のような新しいデータ活用の道が開けます。

【電子カルテ内の患者さんの情報をサマリー化】
患者さんの情報を関連スタッフで共有可能
過去の治療状況を整理し見やすくビジュアル化
提出書類の必要項目を自動で抽出
【電子カルテ内の患者さんを一覧表で表示】
必要項目で検索が可能
【患者さんの入院長期化を過去の情報からビジュアル表示】
医療上の観点から、看護の観点から、PSWの観点から表示
【院内の入院患者状況把握】
退院移行状況確認、職員毎の難易度の高い患者さんの受け持ち状況、病床管理
MENTAT 図説

ビックデータ解析:「情報の伝わりやすさ」を飛躍的に向上

電子カルテ Before / After

WEB画面(一例)

Web画面

ご提供する情報 〜WEB画面〜

Web画面

個人情報に関する安全性対策

電子カルテデータを分析する上で、2重の安全性対策を施しています。

Web画面
1院内に設置する“匿名化サーバー”で
個人情報を全て削除
【STEP1】データ抽出:電子カルテから必要なデータのみ抽出
【STEP2】データ加工:必要なデータに含まれる個人情報を匿名化

※テキスト中に記載された情報

  • 氏名(患者問わず、姓名を匿名化)
  • 郵便番号/住所
  • 電話番号
  • 病院名
  • 大学・高校・中学・小学校
  • 保険証番号
  • 年金番号
  • 障害者手帳番号
【STEP3】データ取得:特定通信のみでアクセス可能な暗号化データ取得
2業界標準・法規制基準を満たした
IBM社クラウド環境で堅固なデータ管理
【第三者機関・法律等での認定】
  • ISO27001: 2005
  • SSAE-16 SOC I
  • HIPAA/HITECH
  • 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン(厚労省)
【堅固なクラウド環境】
  • IBMはお客様に暗号化アプライアンス(物理/仮想)を提供
  • お客様が物理/仮想アプライアンスを保管・運用
  • お客様がデータ・ストレージの暗号化キーを保管・管理
  • IBM管理のシステムIDを監視・管理
  • 失敗ログインの兆候や権限のないアクセス・ログなど、システム・レベルで管理者ユーザーの活動を監視しレビュー

サービス概要

以下12の機能をご利用いただけます。

分類 項番 機能 詳細
患者情報 1 入院患者リスト 現在入院中の患者に対して、入院の長期化や早期再入院の傾向の有無を表示
2 難易度 職種別に、患者の入院長期化、早期再入院の傾向を示す指標とその要因を表示
3 アウトカム 類似患者の入院期間、再入院までの期間の統計値を表示
4 処方推移 患者に処方された薬剤量、薬剤名を時系列で表示
5 詳細情報 患者の病歴、生育暦などの詳細な情報を表示
6 書類作成 各種の申請書類用に、電子カルテから関連文章を自動抽出して表示
症例検索 7 症例検索 テキストマイニングで取得した患者軸、入院軸、処方軸の約60項目の情報から症例を検索
ダッシュボード 8 ベストプラクティス症例 高難易度でもアウトカムの良い患者をベストプラクティスとし、その割合と担当職員を表示
9 地域移行状況 低、中難易度の患者が早期退院し、地域生活に移行できた割合と担当職員を表示
10 高難易度患者の担当状況 職員ごとに高難易度患者の担当数を表示し、職員への負荷が偏っていないかを確認
11 病床管理 病棟別に退院が見込まれる患者数と、外来で悪化している患者数を表示し、受入れ方針を検討する
12 退院調整 自宅退院患者の再入院の傾向と、施設退院患者の経済状況を表示。退院調整の状況を把握

導入スケジュール(例)

導入スケジュール
  • *導入実績のある電子カルテの場合は、約8~10週間程度を想定しています。導入実績のないカルテの場合は12週間程度が目安です。
     導入実績(有/無)の電子カルテに関わらず、導入期間はお客様の立会い等の都合により、前後することがあります。
  • ** ITインフラ整備が必要となる場合があります。

利用シーン

例)院内で 電子カルテ内の情報を効率的にケアに活用

サービス提供時間・メンテナンスについて

サービス提供時間帯は以下の通りです。

サービス提供時間 8:00〜21:30
※上記以外の時間はデータの更新処理を行うため、一時的に画面が正しく表示されない場合があります。

メンテナンス実施は以下の通りです。メンテナンス中は一時的にサービスが使用できない可能性があります。

実施タイミング 内容
計画メンテナンス 毎月の第3日曜日
10:00〜18:00
サーバー/アプリケーションの通常メンテナンス
緊急メンテナンス 原則
3日前までに事前通知
パフォーマンスのチューニング等の設定変更

デイリーバッジ処理:当日入院された患者情報を、電子カルテに午前中(12時迄)にご入力頂いたものは、同日午後1時までに反映されます。